室内でハイレゾ音楽を楽しむのに適したヘッドフォンをどう選ぶ?

ハイレゾ音源を部屋の中で思う存分に楽しみたいという場合に、専用のリスニングルームを持っていない人や、リスニングルームがあっても防音性が悪くてスピーカーでは細かなところまで聴き取れないという人はどうすれば良いでしょうか?

ヘッドフォンを使って、そのような目的を達成する方法があります。

・ヘッドフォンによる音楽再生システム選定のポイント

ヘッドフォンを使ってハイレゾを含む音源を高音質、手軽に楽しめるシステムを選ぶ際に、以下の要素を重視する方針で検討すると良いでしょう。

①スピーカーで聴くような自然な音場感が得られる

②スピーカーで聴く場合と同等かそれ以上に音源情報に対してノイズや歪みを付け加えないで再生できる

③最新のハイレゾ音源(DSD11.2、MQA等)に対応できる、またはアップグレードで対応可能

④長時間聴いても疲れにくい装着性

⑤サブシステムとして使うので、広い設置場所を必要としない

・ヘッドフォンによる音楽再生システム構成

①ポータブルハイレゾプレーヤー(or スマホ) +ヘッドフォン

②ポータブルハイレゾプレーヤー(or スマホ) + ヘッドフォンアンプ+ ヘッドフォン

③ネットワークトランスポート+ USB DAC + ヘッドフォンアンプ+ ヘッドフォン

④NAS(ミュージックサーバー) + USB DAC + ヘッドフォンアンプ+ ヘッドフォン

⑤ネットワークプレーヤー+ USB DAC + ヘッドフォンアンプ+ ヘッドフォン

大まかには以上のような選択肢があります。
システムを構成する機器の機能をどのような切り口で分割するのかの違いですね。

検討するポイントは以下の3点です。

(1)楽曲ファイルをNAS等の大容量ストレージに保存するか、ポータブルハイレゾプレーヤー(またはスマホ)のメモリに保存するか?

(2)ヘッドフォンアンプを使うのか使わないのか?

(3)ヘッドフォンアンプはUSB DAC付きのものにするのか、独立したUSB DACまたはネットワークプレーヤー側のDACを使い、ヘッドフォンアンプはアンプのみとするのか?

(1)については、部屋の中での鑑賞なので、NAS、USBハードディスク等の大容量ストレージを使うのが良いですね。

(2)ですが、高音質を狙うのであれば、ヘッドフォンアンプは必要でしょう。

(3)については、候補となる機器の仕様と価格等から決めることになります。

ヘッドフォンについては、ハイエンドのものは20万~30万円以上もするので、コストパフォーマンスの良い数万円以下のものを検討してみます。

・機器候補について

●ヘッドフォンの候補

音質面では、トレンドとなっている平面磁界駆動型を選びたいですね。

出力はバランス駆動のものか、4極GNDセパレートタイプのものがノイズ面で有利です。

FOSTEXのT60RPは3万円台で購入でき、コストパフォーマンスは高そうです。

OPPO DigitalのPM-3、ACOUSTIC RESEARCHのAR-H1はもう少し高くなりますが、候補として検討してみたいところです。

FOSTEX ヘッドホン T60RP

OPPO PM-3 [ブラック]

【国内正規品】Acoustic Research AR-H1 AVARH1Z111

●ヘッドフォンアンプの候補

ポータブルタイプとしてはOPPO DigitalのHA-2がコストパフォーマンスが良さそうですが、新機種が出る可能性もありますので、もう少し検討してみたいと考えています。

●NAS、USB HDDについては、現在ネットワークオーディオ用に使用しているものをそのまま流用しますが、新規に購入するのであれば、アイ・オーデータ機器から発売されたSoundgenicがコストパフォーマンスが良く、おすすめです。

I-O DATA ネットワークオーディオサーバー 2TB/USB-DAC/ハイレゾ/CDリッピング対応 Soundgenic HDL-RA2HF/E

・まとめ

音質重視の観点から平面磁界駆動型でバランス駆動または4極GNDセパレートタイプのヘッドフォンの中から好みの音色のものを選んでいくのが良いでしょう。

ヘッドフォンアンプについては、ポータブルタイプ、据置型のどちらにするかを決めたうえで検討してみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告