当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

青ヶ島ちゃんねるの本名、年齢、身長などプロフィールは?学歴や仕事も!

インフルエンサー
スポンサーリンク

こんにちは、ポワロです。

14万人以上のチャンネル登録者数がいる青ヶ島ちゃんねるを運営するかえさんは青ヶ島で生まれ育ち、現在も青ヶ島に住んでいて、島の日常を発信しています。

青ヶ島は東京都でありながら直行便はなく、船で行く場合は八丈島を経由して八丈島からさらに約3時間、または定員9人のヘリコプターでしか行けません。

今回はそんな未知の島、青ヶ島からYouTube配信をしている青ヶ島ちゃんねるかえさんについて、本名や年齢、身長などのプロフィールを調べてみました。

また特殊な環境の青ヶ島での仕事やかえさんの職歴、学歴についても気になったので調べてみました。

青ヶ島ちゃんねるとはどんなYouTuber?

青ヶ島ちゃんねるは青ヶ島出身、現在も青ヶ島に住んでいるかえさんがYouTuberとして運営している人気のチャンネルです。

2020年1月に投稿を開始しました。

それまではインターネット環境があまり整っておらず、動画を投稿するのに不便だったそうです。

2021年に海底ケーブルが引かれ青ヶ島にも光回線が通るようになったため、それを機に動画配信を開始したとYouTube動画内で話しています。

青ヶ島ちゃんねるのかえさんの「普通の日常ですが、島外の人からすれば非日常かもしれません」という言葉通り、かえさんの日常は島外の視聴者にとっては驚くことばかりです。

かえさんは島の人達との交流や地域行事など、島外の人はなかなか見ることができない様子を発信しているオリジナリティに溢れるYouTuberです。

観光地を紹介するコンテンツ動画ももちろん人気ですが、船の接岸風景を捉えた動画は島ならではの迫力映像のため人気の動画の一つとなっています。

島民総出で行われる島の寺の清掃の様子なども、青ヶ島出身YouTuberであるかえさんにしか発信できない内容です。

青ヶ島で生まれ育ったかえさんならではの目線で配信している注目のYouTubeチャンネルです。

青ヶ島ちゃんねるさんのプロフィール!

 名前:青ヶ島ちゃんねる
 本名:佐々木加絵(ささきかえ)
 年齢:40歳(2024年3月時点)
 身長:165センチ
 出身:東京都青ヶ島村
 血液型:非公開

本名は?

YouTube動画内で視聴者からの質問に、本名佐々木加絵(ささきかえ)と公表しています。

元々は本名は公表する予定になかったそうです。

しかし視聴者から本名を尋ねる質問があったため、その質問に答える形で本名を動画内で公表しました。

YouTube動画のコメント欄には、かえさんやかえちゃんなどと親しみを込めて名前で呼びかける視聴者のコメントが多く書き込まれています。

チャンネル名青ヶ島ちゃんねるの元となったかえさんの出身地の青ヶ島の家々は全て番地がありません。

郵便物などは「東京都青ヶ島村+名前」だけで届くそうで、それをYouTube動画でみた視聴者からは驚きの声が上がっています。

人口わずか160人余りの小さな青ヶ島ならではの郵便事情ですね。

年齢は?

青ヶ島ちゃんねるのかえさんは1984年1月生まれで、年齢は現在40歳です。

中学生のときはラルクアンシエルや椎名林檎さんが大好きだったそうです。

かえさんと同級生の子どもは青ヶ島にわずか4人、全校生徒合わせても20人ほどの中で育ったそうです。

そのためかえさんは年齢に関係なく、青ヶ島の子どもたちみんなで一緒に遊んでいたと語っています。

青ヶ島では学校に通う年齢の子どもが年々減っており、2022年に中学校が休校の危機になりかけたそうです。

そこで青ヶ島の人々と村、教育委員会も協力し離島留学を始め、全国から子どもたちを受け入れています。

青ヶ島ちゃんねるでは島の魅力に加え、離島が直面している問題にも焦点を当てて様々な角度から発信しています。

身長は?

YouTube動画内で165センチと身長を公表しています。

女性の平均身長157センチと言われていますから、かえさんは約8センチ近く身長が高いということになります。

子どものころのかえさんは雑誌で見たモデルに憧れたそうです。

当時、青ヶ島島内には本屋がなかったため、本土に住む親戚や隣の島の八丈島から送ってもらう雑誌を大事にして、何度も読み返していたとYouTube動画内で話しています。

モデルに憧れた子どものころのかえさんは、モデルのように身長が高くなりたいと毎日ジャンプしていたそうです。

子どもらしいかわいらしい発想ですね。

両親はかえさんより小さいそうですが、妹や弟もかえさんのように高身長なのか気になるところですね。

出身は?

青ヶ島ちゃんねるを運営しているかえさんは、東京都青ヶ島村という人口約160人の「日本一人口が少ない村」の出身です。

青ヶ島は伊豆諸島に属する火山島です。

両親、祖父母とも青ヶ島の出身、かえさんも15歳まで青ヶ島で生まれ育っています。

青ヶ島には高校がないため、かえさんは進学と同時に東京都の町田市に住むようになります。

しかし2019年にかえさんの父親の病気を機に出身地である青ヶ島に戻り、現在は実家の民宿や運送業を手伝いながらYouTuberとして島の魅力を発信しています。

インターネット環境が整っている青ヶ島ではリモートワークも可能なため、出身地の青ヶ島を盛り上げていこうとコワーキングスペースを開設しました。

何十年後かの未来にも今の青ヶ島を残したいと語るかえさんからは、出身地である青ヶ島への深い愛情が伝わってきます。

スポンサーリンク

青ヶ島ちゃんねるさんの学歴(高校、大学)は?

青ヶ島ちゃんねるのかえさんが生まれ育った青ヶ島島内には高校、大学がありません。

そのためかえさんも高校進学と同時に青ヶ島を出て、東京都の町田市でひとり暮らしをしながら高校生活を送っていました。

高校は幼稚部から大学院まである横浜の女子校に入学しました。

子どもの頃はモデルや漫画家に憧れたそうですが現実的ではないと諦め、服飾学科がある高校に決めたそうです。

高校卒業後は大学には行かず就職しています。

同級生わずか4人の小さな島から都会に出てきたかえさんにとって、本土で送る高校生活は色々と新しいことばかりで、とても楽しかったと話しています。

青ヶ島ちゃんねるさんの仕事や職歴は?

青ヶ島ちゃんねるのかえさんは高校卒業後、大学へ進学はせず就職の道を選んでいます。

大学に進学しない理由として「勉強に対するやる気を失っていたから」だそうです。。

妹さんの高校入学とも時期が重なったため、両親のお金の負担が大きいと思ったことも理由の一つだったそうです。

かえさん、次女、弟2人の4人姉弟の長女として育ったかえさんは、とても自立心が強い人ですね。

高校卒業後は横浜の美容室に就職したかえさんですが、現在はフリーのグラフィックデザイナーとして活躍しています。

またその一方で青ヶ島で民宿と運送業を営んでいる実家の手伝いや観光ガイドもしているそうです。

青ヶ島ちゃんねるでは観光ガイドの仕事をしているかえさんが案内する絶景スポットや様々な観光地も楽しむことができます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は青ヶ島ちゃんねるのかえさんの本名、年齢、身長から学歴、仕事や出身地の青ヶ島などについて、色々と調べてみました。

青ヶ島からYouTube配信を続けているかえさんは、島出身者ならではの目線でたくさんのコンテンツ動画を配信している人気YouTuberでした。

観光ガイドもしているかえさんが案内する青ヶ島の絶景スポットから、地元行事、日常、島のおいしい料理などとても幅広く配信しています。

現在は約14万人のチャンネル登録者数がいますが、他にはなかなか見られないオリジナルコンテンツ動画がたくさんの青ヶ島ちゃんねる。

これからさらに注目したいYouTuberですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インフルエンサー
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました