海老名保がローカルヒーローの第一人者と言われるわけは?経歴や活動と書籍の紹介【逆転人生】

uncat

こんにちは、ポワロです。

11月8日のNHK「逆転人生」にイベントプロデューサーの海老名保(えびな たもつ)さんが出演します。

海老名保さんは故郷の秋田の「ご当地ヒーロー」として有名な『超神ネイガー』をはじめとする多数のローカルヒーローの企画・制作・イベントを行っています。

今回は、海老名保さんがローカルヒーローの第一人者と言われるわけ、活動の経歴や出版されている図書等について調べてみました。

海老名保さんがローカルヒーローの第一人者と言われるわけは?

出典:https://twitter.com/

そもそもローカルヒーローとはどういうものかという明確な定義が定まっているわけではないのですが、概ね以下のようなものと考えられます。

ローカルヒーローとは,愛する「地元」のため,地域限定で活動するオリジナルヒーローのことである。活動母体は,地元の商工会から,学校,保育所,企業,さらには特撮ヒーローを愛する個人まで,多種多様だ。

出典:超ローカルヒーロー大図鑑

地域限定で活動するオリジナルのヒーロー』というところがキーワードのようですね。
もともとは、その地域の地元の人が地域振興を目的としてボランティアで行われているようなものが多かったようです。

この場合、テレビ番組のヒーローの物まねのようなキャラクターが採用される例も多く見られたといいます。

現在では「ローカルヒーロー」の活動は日本全国で行われていますが、地域色を薄めたり、企業や公共機関が活動母体となっている例も増えています。

そして、もともと多かったテレビ番組の模倣ではなく、オリジナル性を求めるような動きも出てきています。

そのような中、海老名保さんは有限会社エフツーゾーン(F2-ZONE)の経営者や株式会社正義の味方の代表取締役として、ローカルヒーローの企画・制作に数多く関わっています。

つまり、プロの企業人としてローカルヒーローをプロデュースしているところが特徴であり、この分野で第一人者と目されているのです。

海老名保さんの経歴や活動

出典:https://www.youtube.com/

海老名保さんは1969年4月2日生まれ、秋田県にかほ市(旧:由利郡象潟町)の出身です。

少年時代は特撮ヒーローが大好きで、タイガーマスクに憧れてプロレスラーを目指して上京しました。

しかし、練習中に後頭部を強打する大けがを負い、プロレスラーへの道を断念します。

その後、ジムインストラクターをしながらアクション俳優、スタントマンを目指しましたが、後遺症が現れたため、1997年に故郷に帰り、フィットネスジムの経営を始めました。

ヒーロー好きが高じた海老名保さんは、「秋田に住む子供達にヒーローショーを見せたい」という思いから、幼なじみの高橋大さんとの共同原作である秋田発のローカルヒーロー超神ネイガー』を企画・制作しました。

超神ネイガーの名前の由来は男鹿のナマハゲの雄たけび「泣ぐ子はいねがー!」から命名。

ハタハタ型の銃「ブリコガン」きりたんぽ型の剣「キリタンソード」が武器です。

2005年に『超神ネイガー』が大ブレイクし、秋田県内を巡って超神ネイガーのショー公演を行いました。

2009年には海外進出を始め、シンガポールのヒーロー『シーガー』をプロデュースしています。

海老名保さんは、経営者でありながら自ら企画、造形、製作から出演までこなすマルチ・タレントです。

国内でも、他県のローカルヒーロー・プロジェクトにも携わって、企画や製作手法を伝授するというエバンゲリストみたいな活動をしています。

海老名保さんの書籍紹介

海老名保さんは著書も出版されています。

「奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか」

この本では、秋田を守る正義のヒーロー『超神ネイガー』が何故生まれ、大ヒットしたのか、という裏話が書かれています。

挫折をいかにしてパワーに変えたのか、というところが興味深いですし、超神ネイガーが正統派のりりしいヒーローゆるキャラ的な側面の両方を備えていることに気付かされます。

地域ビジネスを成功させるためのヒントが満載ですので、興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。 ↓

また、ローカルヒーローは全国にたくさんあるのですが、どういったローカルヒーローがあるのか知りたいと思う方には、この本がおススメです。

超ローカルヒーロー大図鑑

まとめ

今回は、イベントプロデューサー海老名保さんのプロフィールや経歴、現在の活動や著書について調べてみました。

  • 海老名保さんは1969年4月2日秋田県生まれです。
  • 少年時代は特撮ヒーローが大好きで、プロレスラーを目指しましたが、大けがをして断念。
  • 紆余曲折を経て、秋田の子供達にヒーローショーを見せたい」という思いから、秋田発のローカルヒーロー『超神ネイガー』を企画・制作し、大ブレークさせました。

今後の海老名保さんのますますのご活躍を期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【この記事を読んだ方におススメの記事はコチラ】

室屋義秀がエアレース世界一を達成できたわけは?経歴や家族や今後の活動・目標【逆転人生】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました