鈴木あきえは帝王切開とトーラックの両方の出産を経験、ユーチューブで情報発信も【よじごじDays】

uncat

2021年7月26日(月)テレビ東京「よじごじDays」に鈴木あきえさんが出演します。

テレビでリポーターや司会者として活躍している鈴木あきえさんのプロフィールや最近の状況について調べてみました。

鈴木あきえさんのプロフィール

出典:https://www.youtube.com/channel/UCOIZn_qHbflXn5L6ySnOeaw/featured

鈴木あきえさんは1987年3月12日、東京都生まれ。

高校在学中に芸能事務所の面接を受け、2004年17歳で「週刊ヤングジャンプ」のグラビアに掲載されました。

体形がややぽっちゃりしていたことから、ダイエットで13kgの減量を行い、グラビアアイドルとして写真集やDVDを出していました。

19歳でグラビアの仕事は辞め、2007年2月から「王様のブランチ」(TBS)のリポーターとして出演を開始し、2017年9月に降板するまでレギュラーを務めました。

王様のブランチ」のリポーターとしての経験をもとに、円滑なコミュニケーション術を解説した「誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ」を出版しています。

2017年6月に結婚し、2018年9月に男児、2020年12月に女児を出産しています。

現在は子育てをしながら、テレビ出演やインスタグラム、YouTubeでの情報発信等の活動をされています。

ここまでの経歴を見ると、グラビアアイドルをきっかけに芸能界入りし、テレビ番組のオーディションに合格してタレントとして順調にキャリアを積まれてきていますね。

そして、「王様のブランチ」のリポーターとしての10年間の経験で得たものを本としてアウトプットされているところが、すばらしいところですね。

自分の経験で得られたことを整理して情報発信していくことで、使い捨てのタレントではない自分らしさを表現できるだけでなく、人の役にも立つことができますね。

鈴木あきえさんの出産経験(帝王切開、トーラック)

鈴木あきえさんは結婚後、2人のお子さんに恵まれていますが、その子供たちの出産では貴重な経験をされています。

第1子の出産時には、分娩所要時間が53時間という長時間のうえ胎児の回旋異常と母体の体力低下のため緊急帝王切開となってしまったそうです。

第2子の出産では、トーラック(TOLAC)という、前回の出産で帝王切開をした人が次の出産で経腟分娩を試みるという分娩方法にトライして、見事無事に出産されました。

トーラックを希望しても、様々なリスクがあって実現できない場合も多くあるので、悩んだ末にチャンスがあるならトライしてみようと決断されたそうです。

そして、2人目出産時の詳しいことについてはYouTube動画としてアップされています。

【2人目出産レポート】鈴木あきえ、出産前後のことお話しさせていただきます。
2020/12/24

【2人目出産】鈴木あきえ、陣痛を起こすためにやっていたこと 2021/01/05

これも鈴木あきえさんらしく、誰かの参考になればという気持ちで、経験したことを情報発信されていますね。

鈴木あきえさんのユーチューブ情報発信

鈴木あきえさんは2020年4月からYouTubeでの情報発信も始めています。

主に、育児関連主婦関連などのテーマで動画をアップされていますね。

先程の2人目出産時の経験の動画以外にも、いろいろありますが、例えば

【ベビーグッズ】鈴木あきえが使ってよかったベビーグッズ紹介します。 2021/01/11

とか、インスタグラムでの質問に答えるような動画もありますよ。

【質問コーナー①】鈴木あきえ、皆さんの質問にお答えします。(前編) 2021/02/05

【質問コーナー②】鈴木あきえ、皆さんの質問にお答えします。(後編) 2021/02/12

文章にするとかなり長いものになってしまう内容でも、動画で口頭で伝えれば、文章を読まなくても聞き流せるので便利ですよね。

まとめ

  • 鈴木あきえさんはグラビアアイドルから芸能界入りし、その後テレビタレントとしてキャリアを積んで来ています。
  • 鈴木あきえさんは第1子出産で53時間の分娩時間で帝王切開しましたが、第2子出産ではトーラックという分娩方法にトライして成功しました。
  • 鈴木あきえさんは出産時の経験や子育て、主婦関連の動画をYouTubeで情報発信しています。

今後の活躍や情報発信にも注目していきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました