後藤密榮(音羽山観音寺住職)の経歴と現在やyoutube紹介【NHKスペシャル】

uncat
スポンサーリンク

こんにちは、ポワロです。

2022年4月9日のNHKスペシャルで、奈良県桜井市の山中にある音羽山観音寺の住職の後藤密榮(ごとう みつえい)さんが紹介されました。

NHKではこの音羽山観音寺での暮らしを2016年頃から取材し、「やまと尼寺精進日記」というEテレの番組で4年間程放送されていました。

現在コロナ禍で行事が中止になったり、遠方からの参拝客が減ったりしている中、住職がどうされているのかを取材したのを放送するようですね。

今回は、音羽山観音寺住職の後藤密榮さんの経歴・プロフィールや現在の状況、YouTubeでの動画配信などについて調べてみました。

後藤密榮(音羽山観音寺住職)さんの経歴・プロフィール

出典:https://www.youtube.com/

後藤密榮さんはネット上で経歴を公開されているわけではありませんが、いろいろな情報から確からしいと思える情報を記載していきます。

後藤密榮さんは1950年頃の生まれで、愛知県の出身。

実家については公開されていませんが、お母さんが亡くなって僧侶になることを決意し、高野山で修業して真言宗の僧侶となる資格を得られました。

後藤密榮さんは京都のお寺にいた1981年頃、信者さんに付き添って音羽山観音寺にお参りに来ることがあったのが観音寺との接点だったようです。

その当時の観音寺の住職が高齢のため廃寺となりそうだったところを後藤密榮さんが引き継いだのだそうです。

音羽山観音寺融通念仏宗(ゆうづうねんぶつしゅう)のお寺なので、後藤密榮さんは融通念仏宗の本山である大念仏寺(大阪市平野区)で修業して1989年に観音寺住職となりました。

後藤密榮さんが観音寺の住職となった当時は、寺も参道も荒れ果てていましたが、後藤密榮さんが地元の人たちの協力を得て修復したり、きれいにしたりしたのだそうです。

観音寺は檀家を持っていないため、何かやらないと存続することができないということで始めたのが精進料理だったんですね。

後藤密榮(音羽山観音寺住職)さんの現在

その後NHKの番組で精進料理や暮らしぶりが紹介されたり、本も出版されたりして人気が出たため、癒しを求めて全国から観音寺を訪れる人が増え、宿泊もできるようになりました。

現在は新型コロナの影響で宿泊は受け付けていないようです。

現在は番犬や猫とともに、精進料理を作ったり、寺のお勤めや行事をしながらスローライフを送っておられます。

そして、近況や写真をFacebookに時々アップされていますね。

音羽山観音寺公式ページのオンラインショップでは授与品の販売もされていて、御守や念珠などが購入できます。

スポンサーリンク

後藤密榮(音羽山観音寺住職)さんのYouTube紹介

後藤密榮さんは、2022年3月14日にYouTubeを開設し、動画で情報発信を始めました。

チャンネル名は【音羽山観音寺公式チャンネル】です。

2022年4月9日時点で、4つの動画がアップされています。

(1)【音羽山観音寺】YouTube始めました

YouTube開設のお知らせとチャンネル登録のお願いの動画です。

(2)【音羽山観音寺】ハプニング編-初めてのYouTube動画の裏側をお見せします

初めての動画撮影時のハプニング動画です。

(3)【音羽山観音寺】桜島大根の大根菜ふりかけ作り

桜島大根を使ったふりかけ作りの様子が見られます。

(4)【お経】音羽山観音寺 お勤めの様子

お寺でのお勤めの様子を動画に収録しています。

実際にお寺にお参りしたような、ありがたい映像です。

今後も、新しい動画がアップされていくと思いますので、楽しみに待ちましょう。

まとめ

今回は、奈良県桜井市にある音羽山観音寺住職後藤密榮さんの経歴・プロフィールや現在の状況、YouTubeでの動画配信などについて調べてみました。

コロナ禍でなかなかお寺に行けないという状況ですが、今後もFacebookやYouTubeで元気な姿を見せていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【この記事を読んだ方におススメの記事はコチラ】

管理栄養士 大谷幸子の理想とする人生最期の食事とは?経歴やリクエスト食を始めたきっかけ【逆転人生】
大谷幸子さんは1950年石川県の生まれで、高校生の時に食に関心を持つようになりました。病院で栄養士、管理栄養士としてキャリアを重ね、二つ目の病院でサテライト・キッチンを提案し、病院食のイノベーションを実現しました。現在はホスピスで、食事による心のケア、癒しを進めています。
山岡朝子(雑誌編集長)がハルメクを復活させた秘密とは?経歴や家族も調査【仕事の流儀】
雑誌「ハルメク」は1996年に創刊された雑誌「いきいき」が2016年4月に名称変更されたものです。雑誌「ハルメク」の編集長として2017年にヘッドハンティングされ、販売部数を約2年で2倍以上に増やしたという山岡朝子さんについて調べてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました