管理栄養士 大谷幸子の理想とする人生最期の食事とは?経歴やリクエスト食を始めたきっかけ【逆転人生】

uncat

こんにちは、ポワロです。

10月11日のNHK総合「逆転人生」に管理栄養士で大阪樟蔭女子大学教授の大谷幸子さんが出演します。

大谷幸子さんは大阪市にある淀川キリスト教病院で、ホスピスに入院している末期がん患者向けに「リクエスト食」を提供しています。

今回は、大谷幸子さんの経歴やホスピスで患者さんに提供している「リクエスト食」などの取り組みについて調べてみました。

管理栄養士 大谷幸子さんの理想とする人生最期の食事とは?

出典:https://cocomedica.jp/

大谷幸子さんの経験によれば、患者さんが食をきっかけにして昔のことを思い出すことがあるようで、例えば「子供の頃に母が作ってくれた栗ご飯を食べたい」というようなリクエストが出てくるそうです。

それに対して、さらに具体的な材料、味付け等を詳しく聞いて、なるべく患者さんの食べたいという気持ちに沿うようなものを調理して出すように調理師に協力してもらうんですね。

そうすると、人はやっぱり食べたいものが目の前にあると、すごく嬉しい表情になりますし、それを見ると本当に良かったなと思えます。

たとえ、実際に食べることができないような状態であったとしても、そのような食事を出すことには意味があると考えられるのではないでしょうか。

管理栄養士 大谷幸子さんの経歴やリクエスト食を始めたきっかけ

大谷幸子さんは1950年石川県の生まれです。

大谷幸子さんは小学四年生の時に母親を亡くし、父親とお姉さんと三人で暮らしていましたが、高校生の時お姉さんが結婚したため、父親の食事の世話をすることになり、食に関心を持つようになったようです。

松阪女子短期大学食物栄養学科卒業後、放送大学の生活と福祉専攻を卒業されています。
石川県金沢市にある浅ノ川総合病院病棟栄養士金沢大学医学部附属病院で栄養士、栄養主任、栄養管理室長を務めています。

金沢大学医学部附属病院勤務中の1986年に管理栄養士の資格を取得されています。

現在は淀川キリスト教病院栄養管理課課長を務められています。

管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格で、病気の人や高齢で食事がとりづらくなっている人や健康な人一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導、給食管理、栄養管理を行います。

一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格で、主に健康な人を対象にして栄養指導や給食の運営を行います。

管理栄養士になるには、管理栄養士養成施設で学び、管理栄養士国家試験に合格しなければなりません。

または、栄養士養成施設で学んだ後、卒業後に栄養士としての実務経験を経て管理栄養士国家試験に合格すれば管理栄養士になることができます。

大谷幸子さんは1950年生まれなので、戦後の復興期から高度成長期に入る頃に子供時代を過ごし、学校を卒業後は栄養士、管理栄養士として病院で長年経験を積まれてきたことがわかります。

2014年4月から2017年9月まで、同志社女子大学大学院生活科学研究科食物栄養科学専攻で学び、食物栄養科学の修士の学位を取得されています。

還暦を過ぎて大学院で自分の専門分野をより深く学んだというだけでも尊敬に値しますね。

現在勤務している淀川キリスト教病院には、ホスピスという治すことが難しい癌の患者の緩和ケアをするところがあります。

ホスピスでは、食欲が低下して食べられないという患者がほとんどなので、栄養素をしっかり摂るというよりも、心のケア、食事による気持ちの癒しといったことを重視して「リクエスト食」の取り組みをしているとのこと。

患者が食べたいものをそのまま出すというのがリクエスト食で、毎週土曜日に実施しているそうです。

出典:https://cocomedica.jp/

管理栄養士 大谷幸子さんが取り組む病院食のイノベーション

短大を卒業して最初に栄養士として勤めた病院で、病院食は「早い・冷たい・まずい」と言われていました。

その次に行った病院では、新築移転の時に厨房関係の企画・設計を任せてもらえた大谷幸子さんは、「病棟レストラン」というサテライト・キッチンの構想を提案しました。

キッチンに対応者がいて、普通の店のように「いらっしゃいませ」と言って、直前に盛り付けたりすることで、食べる人と作る人のコミュニケーションを重視したサービスを提供することを提案して認められたのです。

大谷幸子さんは、2006年に東京大学医学部付属病院に職場を移しました。

金沢に家族を残して東京へ単身赴任です。

ところが、2009年4月に夫の昭憲(あきのり)さんに末期癌が見つかったのです。

週二回、一ヶ月ぐらい夫の病院に東京から通った大谷幸子さんですが、夫に食べたいというものを十分食べさせることができなかったという思いが今に活かされているのではないでしょうか。

まとめ

今回は、管理栄養士大谷幸子さんの経歴、リクエスト食を始めたきっかけ等について調べてみました。

  • 大谷幸子さんは1950年石川県の生まれで、高校生の時に食に関心を持つようになりました。
  • 短大を卒業して病院で栄養士、管理栄養士としてキャリアを積みました。
  • 二つ目の病院で、病院食に関するイノベーションとなるサテライト・キッチンを提案し、実現させました。
  • 現在はホスピスで、患者さんに「リクエスト食」を提供して、食事による心のケア、癒しを実現しています。

大谷幸子さんが取り組んでいる食事による心のケア、癒しという活動が、全国に広がっていけばいいなと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【この記事を読んだ方におススメの記事はコチラ】

勝村久司の目指す患者本位の医療とは?医療情報公開への闘いの経歴とプロフィール【逆転人生】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました