クラシック音楽一覧

もうこれでCDリッピングのやり直しは最後にしたい!

多数のCDを保有している人が同じCDを何回もリッピングし直すのは、時間と手間がかかりすぎます。これからは高音質を実現できるような構成でリッピング環境を構築し、すでにリッピング済みの曲についてはタグ編集しやすいソフトを使って統一したタグ付けを行うことでなるべく再リッピングしなくて済むようにします。

驚異の音質復刻レーベル REAL LP-CD

貴重なアナログ・レコードをこだわりの再生環境で再生し、それをデジタル変換してCD-Rに焼いて販売しているレーベルがあります。そのレーベル名は、REAL LP-CD といいます。それぞれのアナログ・レコード(LP)に合わせてカートリッジとトーン・アームの組合せを変えて音質をチューニングしています。

最初にやるべきスピーカーの設置位置調整

オーディオシステムの設置を検討する場合、まず部屋の中のどこにスピーカーを置くかを決めます。スピーカーを置く土台をしっかりさせた後、スピーカーの壁からの位置と左右のスピーカー間隔をチューニングしていきます。

京響第614回定期演奏会 ズーカーマンのベートーベン協奏曲はどんな音だった?

ズーカーマンのベートーベン協奏曲の演奏は一言で言うと巨匠らしい円熟味のあるもので、ビブラートをよく効かせた美しく柔らかな音色で強弱やテンポの変化も結構付けて演奏していました。バイオリンのソロ部分に関しては、自宅での別音源の試聴でもなかなか良い音で鳴っていますが、音の鮮度という点で実演のほうが優れていると感じました。

SOtM sMS-200のUSB空き端子ノイズ対策は効果抜群

sMS-200の空きUSB端子の一方にUTX1をそのまま挿入し、もう一つの空きUSB端子に中継ケーブルを介してもう1個のUTX1を挿入した状態で試聴しました。UTX1を1個だけ接続した場合でも音質はかなり改善されますが、2個接続した場合にはさらに良くなります。

音の判断基準は何?

ホールで鳴っているオーケストラの各楽器の音色や質感、ホールでの響き方といったものをある程度記憶しておき、それを基準にして良し悪しを判断しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告