0570ナビダイヤルが増えている理由はコレだった!

uncat

こんにちは、ポワロです。

最近は大手企業の電話サポートでも、フリーダイヤルに代わって0570から始まる番号のナビダイヤルを使うようになってきています。

今回は何故最近ナビダイヤルが増えてきているのか、気になったので調べてみました。

0570ナビダイヤルが増えている理由

まず、フリーダイヤルが減ったのは携帯電話の普及の影響が大きいです。

固定電話から掛けると市内なら3分8.8円なのに、携帯電話からだと3分300円を超える通話料金になってしまいます。

携帯電話の通話料金が高すぎるんですね。

企業側はフリーダイヤルにしてしまうと、携帯からかかる電話は高額な料金を負担しなければなりません。

ナビダイヤルにすると通話料金は掛けた人の負担になりますから、企業側の費用負担が軽減されるわけです。

ナビダイヤルの2つ目の利点は、同じ電話番号で全国どこでも電話を受けることができることです。

これに対して、03などで始まる電話番号を使ってしまうと、コールセンターの設置場所が固定されてしまい、コール数増減に応じた増設や統合が柔軟に行えなくなります。

03などで始まる電話番号にしてもらえば、携帯電話の「かけ放題」を契約している人からすれば通話料がかからないのに、という不満があるようですが、0570ナビダイヤルを使うのには企業側のこうした事情があるのです。

また、通話料が無料となることで不必要な長電話が増えてしまい、必要な電話がつながらないという苦情が殺到することを防ぐ目的もあると考えられます。

0570ナビダイヤルの通話料は高いのか?

電話の通話料は電話を掛けるほうが負担するのが原則です。

それによって、電話を掛ける人は掛ける回数を最小限にしたり、通話時間を短くしようという心理が働くのです。

ところが、携帯電話の「かけ放題」サービスのせいで、そのような抑制が効かなくなってしまっています。

ナビダイヤルは「かけ放題」サービスの対象外というだけで、通話料金自体は高額ではありません。

電話をかけるのがタダだと思っていると、説明書や公式サイトを見ればわかることでも、メールやチャットでの問い合わせができる状況でも、つい電話してしまうのです。

しかも、要点をまとめずに掛けてしまうので、応対する側は無駄に長い時間を費やさなければならないのです。

0570ナビダイヤルの通話料が高いと感じたときの対処方法

基本的にナビダイヤルの通話料金は高いものではありませんが、携帯電話の「かけ放題」サービスに慣れている人にとっては高く感じられることもあるでしょう。

携帯電話の「かけ放題」サービスに入っている人が、かけ放題で電話できる場合があります。

それは、0570から始まるナビダイヤルの電話番号以外に、例えば050で始まるIP電話番号03、045等で始まる電話番号が書いてある場合です。

そのような場合は携帯電話からそれらの番号に掛けることで「かけ放題」対象となります。

もちろん、Webサイトからの問い合わせフォームでの問い合わせやチャットによるサポートを提供している企業もありますので、それらを利用すれば電話料金はかかりません。

まとめ

今回は、フリーダイヤルに代わって最近増えているナビダイヤルについて調べてみました。

  • フリーダイヤルが減ったのは携帯電話の普及の影響によるものです。
  • ナビダイヤルにする利点の1つ目は、携帯からフリーダイヤルに掛かる電話の費用負担を減らすことです。
  • 2つ目の利点は、同じ電話番号で全国どこでも電話を受けることができるので、コールセンターの設置場所や増減が柔軟に変更できることです。

今後もナビダイヤルを利用する企業は増えていくと思われます。

ナビダイヤルは携帯電話の「かけ放題」サービスの対象外となってしまいますが、携帯電話料金自体がもっと安くなって固定電話と同じような料金で使えるようになれば解決するのかなと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました