生見愛瑠の名前の読み方、独特の言語(めるる語)やおバカキャラについて【ヒルナンデス】

uncat

8月12日(木)の「ヒルナンデス」にファッションモデルでタレントの生見愛瑠(ぬくみめる)さんが出演します。

独特の言語(めるる語)で有名な生見愛瑠さんについて調べてみました。

生見愛瑠さんの名前の読み方と由来

出典:日本タレント名鑑

生見愛瑠(ぬくみめる)さんは2002年3月6日生まれ。愛知県稲沢市出身です。

生見愛瑠さんというのは本名なんです。

苗字の生見(ぬくみ)というのは結構珍しいので、由来を調べてみました。

日本姓氏語源辞典によると、生見は鹿児島県鹿児島市喜入生見町が発祥で、江戸時代に生見門という門があったそうです。

明治時代になって、この門にちなんで、新しい姓の生見(ぬくみ)ができたようです。

生見姓の人口としては全国で約600人、鹿児島県が約300人で最も多く、福岡県、大阪府がそれぞれ約40人、愛知県は約20人となっています。

名前の愛瑠(める)というのは、お父さんの命名です。

男の子だったら「メタル」、女の子だったら「メル」と決めていたそうですよ。

生見愛瑠さんの独特の言語(めるる語)とは

生見愛瑠さんの愛称は「めるる」ですが、独特の言語である「めるる語」を使うことで知られています。

めるる語」の例をいくつか挙げてみます。

がんばるる歩けるる忘れるる
語尾が「る」で終わるときに、もう1つ「る」を付けるものです。
これは、意味としてはわかりやすいですね。

はっぴーす ・・・ハッピー&ピース
KP     ・・・乾杯
まねね   ・・・マネージャー
いちきた  ・・・一時帰宅する
これらは、もとの言葉を短縮したようなタイプのものですね。

ぐぅぺこ  ・・・お腹が空いている
とぅき   ・・・好き
もとの言葉から訛って、方言みたいな感じ

だいとぅきみバーガー ・・・大好き
てれやきバーガー   ・・・照れる
もとの言葉を変形して余計な「バーガー」という語を付けたもの。

おはyo   ・・・おはよう
おねしゃsu ・・・お願いします
おやsu   ・・・おやすみなさい
おめっと  ・・・おめでとう

挨拶関係ですね。仮名とローマ字の混合が出てきます。

10きゅmi  ・・・ありがとう(10きゅ=Thank you、miはかわいい感じで)
いかぷんまる・・・怒りを表す

このレベルになると、簡単に意味は理解できなくなってきます。

もともとは生見愛瑠さんが普通にしゃべっている言葉やSNSで使っている言葉が「」だと言われていたのですが、それをまとめて「めるる語」にしたそうです。

そもそも生見愛瑠さんが普通に使っていた言葉が「変」だったのには、どういう理由があるのか考察してみました。

言葉は、人間が人間に対して情報や意思を伝達するためのものなので、みんながその言葉に対して共通の意味を持つことを理解していることが前提になります。

そのために、学校で教育を受けているわけですね。

ところで、方言のように、ある地域のある年代の人達しかわからないような言葉もありますが、少なくともその地域の中では共通の意味を持つものとして理解されています。

めるる語」の元になった生見愛瑠さんが普通に使っていた言葉はどのようにして生まれたのでしょうか?

もともとの言葉を短縮してくっつけることで短縮形みたいな言葉もありますが、言葉遊び的な要素が強いもの、例えば「10きゅmi」レベルになってくると、もとの言葉を想像するのさえ難しくなってきますね。

こういったことから考えられるのは、生見愛瑠さんが自分だけの世界、自分の好きな世界に入り込んで、相手の立場になってあまり考えないタイプなのかな、ということです。

もう一つは、学校で習う国語をあまりちゃんと勉強していなかったために、基礎的なことが十分身についていない状態で、自分流に言葉をいじってしまうので、わかりにくくなってしまうのではないでしょうか。

生見愛瑠さんのおバカキャラと今後の進路

モデルとしてだけでなく、タレントとしても活動している生見愛瑠さんですが、これまでのところ「おバカキャラ」路線で売り出そうとしているように見えます。

小学生レベルの漢字が書けないとか算数の計算ができないとか、そういうキャラクターで印象付けることで人気を得ようという作戦なのかと思います。

それに、「めるる語」でも有名になれば、相乗効果があるということでしょう。

ただ、今後お笑いタレントとしてやっていくのなら別ですが、俳優や司会者のような仕事に進むのであれば、この路線で続けるのが良いのかは疑問だと思います。

あまりにもバカだとか、失礼な奴だと思われてしまうと、仕事を入れてもらいにくくなる可能性もあります。

早く有名になりたいという気持ちが強すぎて、結果的に墓穴を掘ることにならないよう、注意が必要かと思います。

まとめ

  • 生見愛瑠さんは本名で、愛知県出身です。生見さんという姓は全国的にみると鹿児島県に全国の半分くらいが住んでいます。
  • めるる語」は、もともと生見愛瑠さんが普通に使っていた言葉で「変」なものをまとめたものです。
  • 生見愛瑠さんが今後俳優等の仕事に進むのであれば、おバカキャラ路線のまま進むのが良いかどうかは考え直したほうが良いかもしれません。

今後の生見愛瑠さんの活躍に注目していきたいと思います。

 

【この記事を読んだ方におススメの記事はコチラ】

ほのかのマネージャー池田桃子はタレントより目立つYoutuber、写真集も

スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました