稲垣飛鳥(料理研究家)が再現レシピ研究を始めた理由とライバルは?おすすめの再現レシピは?【サタデープラス】

uncat

2021年7月17日(土)7:30~9:25にTBSで放送される「サタデープラス」に料理研究家の稲垣飛鳥(いながきあすか)さんが出演します。

番組では「イオン食材で驚きのバリエーション炊き込みご飯」が紹介される予定です。

稲垣飛鳥さんについて、いくつか気になることを調べてみました。

稲垣飛鳥さんが再現レシピ研究を始めた理由

出典:https://ameblo.jp/asucafe2005/

稲垣飛鳥さんの経歴】を紹介します。

1976年11月16日 京都生まれ。

小学校2年から高校卒業まで香川県でくらす。

高校、大学では音楽科でフルートを専攻。

2004年から関東を中心にフルート奏者として活動。

結婚後は生活情報誌「サンキュ!」の読者モデルとして
タイアップ記事や商品開発などに参加。

2013年4月に、日本テレビ「ヒルナンデス」に
再現レシピのカリスマとして出演し、注目を集める。

2013年12月に初のレシピ本を出版。

現在は、自宅でフルート教室を開きながら、雑誌・テレビ・ラジオ・新聞等で料理関係の仕事を行っている。

以上の経歴からわかるように、もともとは音楽を学んでフルート奏者としての活動をしていたので、料理関係の仕事は結婚後からはじめたようです。

また、稲垣飛鳥さんの趣味は食べる事、特技は記憶力がいいこと、ということです。

食べる事が趣味だというくらい好きなのは、料理好きになる必要条件ですね。

そして、記憶力が良く、小学校の事とかを鮮明に覚えているそうです。

この記憶力が良いという能力と食べる事が好きという性格が、再現レシピ研究には都合が良いのです。

さらに、子供が小さいと外食に行きにくいので、外食のメニューを家で再現したいということで研究し始めたようです。

店で食べたものの味、匂い、具材、食感等をしっかり記憶できているからこそ、それに近付けることが可能になります。

再現レベルに近付くためには、何回も試行錯誤し続ける粘り強さが必要ですが、このような面倒な作業は食べることが好きな人でないと長続きしないと思います。

稲垣飛鳥さんの再現レシピ研究のライバルは?

世間に料理研究家と言われる人は大勢いますが、基本となるレシピをベースにして自分なりの工夫を加えて、自分流のレシピを追求している人がほとんどでしょう。

飲食店をやっている料理人は、自分のオリジナル性を出すことで他店との差別化を図っているので、当然ですね。

従って、稲垣飛鳥さんのように再現レシピ研究に力を注いでいる料理人はあまりいないと思います。

一方で、自分の料理を売り物にしていない主婦だと、外食の料理やコンビニスイーツを再現して家でも食べたい、食べさせたい、という発想が出て来るのですね。

そういう意味では、料理好きの主婦というライバルは大勢いるでしょう。

稲垣飛鳥さんのお勧め再現レシピは?

稲垣飛鳥さんは再現レシピを多数発表されていますが、一般の人が良く知っている吉野家牛丼の再現レシピがわかりやすくてお勧めですね。

吉野家の牛丼は何回も食べている人が多いので、再現レシピで作った料理の「似ている度」がわかりやすいです。

この吉野家の牛丼は、なんと5年間も研究して再現できたということで、その執念には驚かされます。

これは、発明家の人が新しい発明品を作り出すのと同様の粘り強さですね。

まとめ

  • 稲垣飛鳥さんの趣味は食べる事、特技は記憶力がいいこと
  • 子供が小さいと外食に行きにくく、外食のメニューを家で再現したくて研究し始めた
  • 再現レシピ研究のライバルは料理好きの主婦!?
  • お勧め再現レシピは多数あるが、吉野家牛丼がわかりやすい

これからも、再現レシピだけでなく、さまざまな料理レシピを研究して活躍されることを期待したいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました