長身210cm石橋貴俊(バスケ)の身長の伸ばし方は?経歴や若い頃のエピソード【アウトデラックス】

uncat
スポンサーリンク

こんにちは、ポワロです。

12月23日のフジテレビ「アウトデラックス」にバスケットボール指導者石橋貴俊さんが出演します。

石橋貴俊さんは、男子バスケットボールの元日本代表センターの選手でしたが、身長は何と210cmという長身なんです。

今回は、石橋貴俊さんがどのようにして身長を210cmまで伸ばすことができたのかという秘密や経歴等について調べてみました。

石橋貴俊さん(バスケ)が長身210cmになれた身長の伸ばし方とは?

出典:https://twitter.com/

石橋貴俊さんの両親の身長は父親が175cm、母親が165cmということなので、特別長身ということではなさそうです。

では、どうして210cmまで身長を伸ばすことができたのでしょうか?

その理由について、石橋貴俊さん自身は以下の3つの要因を挙げています。

  1. 食事
  2. 運動
  3. 睡眠

それぞれについて説明していきましょう。

1.食事に関しては、特に牛乳をたくさん飲んでいたそうです。

1日に1リットル以上は飲んでいたらしく、ご飯のときにもお茶の代わりに牛乳で流し込むような食べ方をしていたんだとか。

特に夜によく飲んでいたということです。

2.運動については、ブルワーカーという筋トレ器具筋トレをやっていたそうです。

当時は筋トレジムなんかなかった時代でしたが、ちゃんと器具を使って筋トレをしていたんですね。

中学校のときは剣道部でしたが、プロレスが大好きで、先生が来るまでは高跳びのマットの上で後輩とプロレスをやっていたとか。

ブレーンバスターバックドロップといった技ができるらしいですよ。

(3)睡眠については、入眠時間(寝始める時間)を夜10時~12時にするのが良い。

何故なら、成長ホルモンが良く出る時間帯が夜10時から12時の間なので、その時間帯に寝ることが大切なのだそうです。

自分のことを振り返ってみると、小学校のときは早く寝ていましたが、中学、高校ではラジオを聴いたりして結構夜更かししていたように思います。

もう少し早く寝ておけば身長がもっと伸びたのかもしれませんが、当時はそんなことは全く知りませんでした。

というわけで、以上3つのことを実行した結果、身長が劇的に伸びたたようです。

スポンサーリンク

石橋貴俊さんの経歴やプロフィール

石橋貴俊さんは1968年9月26日生まれ、北海道浜益郡浜益村(現在は石狩市)出身です。

愛称は『バシ』とか『ばっさん』とか呼ばれています。

浜益村立浜益中学校札幌開成高校を経て北海学園大学に進学しました。

大学1年生のときに、勧誘がすごかったという理由でバスケットボールを始めたそうです。(納得)

北海学園大学を卒業後、1992年に日鉱共石(現在のジャパンエナジー)に入社してバスケットボール部に入りました。

プロバスケットボール選手としては1992年から2007年まで活動し、1995年にはアトランタオリンピックの日本A代表に選ばれています。

引退後は指導者や解説者として活躍されています。

指導者としての経歴も以下のとおり、立派なものです。

2008-2009 富山グラウジーズ ヘッドコーチ
2010-2011 滋賀レイクスターズ ヘッドコーチ
2012-2013 信州ブレイブウォリアーズ ヘッドコーチ
2013-2014 埼玉ブロンコス ヘッドコーチ
2014-2017 和歌山トライアンズPR大使&ヘッドコーチ
2017-2019 東京八王子トレインズ ヘッドコーチ
2020- 八王子U15 ヘッドコーチ

現役選手時代の2000年と2007年の2回、テレビ番組『笑っていいとも!』に出演しています。

また、吉本興業株式会社にも所属しているというのが面白いですね。

選手としては210cmの長身を生かしたプレイで活躍し、バスケットボール指導者としても多くのチームでコーチを務めるという華々しい経歴の持ち主であると言えますね。

その他、アームレスリングにも挑戦されているようです。

石橋貴俊さんの若い頃のエピソード

石橋貴俊さんは小学校6年生の頃、身長が165cmぐらいで、クラスでは2番目だったそうです。

中学1年、2年の頃はまだ自分より背の高い同級生がいたそうですが、中学3年で190cmを超えて1番の長身になったのです。

中学3年の間に30cmも伸びたということで、いつも通っていたところの軒が頭の上にあったのが顎の下に来るようになって、顔1つ分身長がのびたことを実感したそうです。

また、中学時代、中井祐樹(なかい ゆうき)さんという格闘技好きな後輩がいたそうです。

中井祐樹さんはその後格闘家になり、ギブアップしないことで有名だったようです。

石橋貴俊さんには、なんと中1の中井祐樹さんを逆エビ固めでギブアップさせたというエピソードがあるのです。

プロレスのような格闘技にも素質があったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、身長210cm、体重135kgという体格を生かし、現在もバスケットボール界で活躍されている石橋貴俊さんの身長の伸ばし方の秘密や経歴などについて調べてみました。

石橋貴俊さんには、豊富な経験を活かしてこれからもバスケットボール界の発展のために活躍していただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【この記事を読んだ方におススメの記事はコチラ】

姫野和樹の経歴や家族やラグビーで貧困を脱出できた理由と現在のライバル【情熱大陸】
姫野和樹さんは2019年のラグビーワールドカップ日本大会の日本代表として活躍し、ベスト8入りに貢献しました。姫野和樹さんの経歴や家族、ラグビー選手として成功した理由、現在のライバルなどについて調べてみました。
高田真希(バスケットボール)がアスリート社長で目指すものは?経歴やイベント会社について【セブンルール】
高田真希さんは2021年の東京オリンピック女子バスケットボールで銀メダルを獲得した日本代表選手です。現役アスリートとして活躍を続ける傍ら、2020年にはイベント会社(TRUE HOPE)を設立して社長業もこなしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
uncat
スポンサーリンク
ポワロをフォローする
ポワロラボ
タイトルとURLをコピーしました